What Was New

古い「What's New?」をここに残しておきます。リンクが外れているかもしれません。

2014年度

  • 特になし

2013年度

  • 14.03.19 国際関係論演習(ゼミ)の頁も作りました。
  • 14.03.18 比較政治学、海外・国内研修、比較政治学特論(院)、平和論(共通)の4つの頁を準備しました。
  • 14.03.11 2013年度の卒論講評をアップしました。
  • 14.02.13 ゼミ論のタイトルを列挙します。
    • 外国人労働者受け入れ制度に与える影響力
    • トルコにおける世俗化改革
    • 成功事例から見る中心市街地活性化の可能性
    • 国際開発援助による初等教育の完全普及を目指した「学校教育」の導入がアフリカに与える影響
    • 先住民問題と法制度-先住民先進国カナダの事例から-
    • 日中関係の悪化による両国経済への影響
    • フランスの対外政策分析-イラク攻撃とシリア危機の事例から-
  • 14.02.01 卒論のタイトルを列挙します。
    • NGOと政府のより良い連携の形-日本と欧米諸国の比較から-
    • ODAは民主化を推進させるのか
    • 女子教育の普及による次の世代の子どもへの影響
    • ODA削減の真の要因-ODAの削減は経済状況の悪化によるのか-
    • 貧困削減戦略における社会関係資本の可能性
    • ベトナムにおける「国家」と「社会」の関係から見る民主化-ロッカンによる政治制度の基本的発展段階モデルを用いて-
    • 社会運動の政策決定への影響-中学校社会科教科書採択問題をめぐる社会運動を事例に-
    • 地球環境行政の政策過程分析-平成24年施行「地球温暖化対策のための税」を事例に-
  • 13.11.22 2014年度の提供予定科目を掲載しました。
  • 13.10.06 後期からWebClassのシステムを使ってみることにした。その間、このサイトのページは、このページと上の「Tools & Formats」以外は更新しないと思います。  

2012年度

  • 13.02.10 卒論講評へのリンクをこのページの左の欄に設けました。
  • 12.09.25 シラバスは完成。毎回の授業の課題などは、以下の授業科目のリンクから。
  • 12.04.09 新学期を前にして「Tools & Formats」内のリンクをほぼ完全に復活させました。
  • 12.04.05 遅ればせながら、シラバスがすべて完成しました。毎回の授業の課題などは、以下の授業科目のリンク(これから作ります)からどうぞ。

2011年度

  • 12.03.15 2012年度〜2013年度の2年間は学部評議員(副学部長)の仕事のため授業の提供数を減らします。
  • 11.09.29 後期の授業ページ、準備中です。「Tools & Formats」内のリンクも少しずつ復活しています。
  • 11.05.08 前期の授業ページ、稼働中です。でも「Tools & Formats」が未だ。元のサーバーが止まってしまった。(>_<)
  • 11.04.01 前期の授業ページ、準備中です。
2010年度
  • 11.03.31 ロンドン研修から帰国しました。
  • 10.03.11 2010年4月から2011年3月まで長期研修でロンドンにいます。重要な連絡は電子メール(hoshinoeアットeve.u-ryukyu.ac.jp)で、その他の情報交換はツイッター( @HoshinoE )でお願いします。

2009年度

  • 09.09.22 後期の4つの授業のページの準備が完了しました。
  • 09.04.02 前期の4つの授業のページの準備が完了しました。
2008年度
  • 09.03.29 2009年向けに手直し中です。
2007年度
  • 07.10.10 後期授業のページが準備できました。
  • 07.03.27 1年ぶりに eHoshino Online のページを wiki に戻しました。

2006年度

  • 06.04.05 入学式です。2006年度の授業のためのページ、準備できました。
2005年度
  • 06.03.26 久しぶりの更新です。2006年度の授業のためにページを準備しつつあります。
  • 05.12.19 12月14日のゼミ説明会の場で星野ゼミ2006募集案内に追加された「ゼミ面接」の件です。
    • 志望者が多数の場合は1月13日のゼミの時間(5限、6限)を「ゼミ面接」に利用します。
    • このページを見て気がついた人は、「ゼミナール志望理由書」に「5限」「どちらでもよい」「別の時間帯に」などと書き添えてください。
    • 1月10日の午後4時が志望書の提出締め切りですから、5時頃から調整をし、11日の朝には個人別の時間なども発表できるでしょう。
  • 05.12.07 12月14日は恒例のゼミ説明会です。それに向けて、星野ゼミ2006募集案内を作りました。
  • 05.09.30 こちらのページを正式に利用することに決めました。リンクの不調等はまだ解消されていないかもしれませんが、気がついた方は教えていただけると助かります。
  • 05.09.01 Wiki Server が不調なのでこちらのページを用意しました。全面的に引っ越しをするかどうか、もうしばらく様子を見てみます。しばらくはリンクの不調等もあるかと思いますが、ご容赦を。
  • 05.04.08 国際協力論の内容、大幅変更です。
    • 留学生が受講しなくなりました。そこで、英語ではなく、日本語を使って授業します。内容は、平和構築・復興支援について、理論と事例を学び、特定の事例についてPolicy Paperを書く、というものです。奮って参加して下さい。詳細は、未だ準備できていませんが、国際協力論で。
2004年度
  • 日本の戦争の跡をたどる旅・ソウル編をアップしました。
  • カート・キャンベル講演会をアップしました。
  • 星野ゼミ2005シラバスをアップしました。
  • 就職関連情報の頁に「就職セミナー」12/1 をアップしました。
  • 04.11.11 WEB本棚というものを作って見ました。中味はまだ「辞典・資料集・参考書」と同じですが、interfaceが面白いかも。⇒ehBookshelf
  • 04.11.11 就職関連情報の頁を作りました。新しいところでは「マスコミの求める人材、マスコミの職種」「女子学生のための国家公務員セミナー」等があります。
    • PukiWikiを1.4.4にバージョンアップしました。
  • 04.10.07 後期の授業のページがほぼ準備完了しました。
  • 04.07.29 このサイトの骨組みが完成しました。
2003年度
  • (04.02.24)「大学で何を学ぶか -The Menu for Choice-」東京女子大学『学会ニュース』2004年4月(135号)をアップしました。
  • (04.02.24)「はじめに」東京女子大学『地域文化研究』2004年3月(12号)(学内のみ)をアップしました。
  • (04.01.15)2004年アフガニスタン女性教員支援プロジェクトの日本での研修が始まりました。情報教育研修のために資料をアップしました。
  • (03.12.01)「アフガニスタン現地フォローアップ研修」(『学報』2003年11月号)をアップしました。
  • (03.10.30)アフガニスタン女子教育支援現地フォローアップ研修実施報告として講演会「カブールで考えたこと」を実施しました。
  • (03.09.28)「女子教育支援は「おせっかい」なのか?」(アフガニスタン女子教育支援現地フォローアップ研修実施報告書「8. 派遣者のコメント」原稿)(しばらくは学内のみ)をアップしました。
  • (03.09.25)『世界週報』2003年10月7日号(時事通信社)の「国際ゼミガイド」で「東京女子大学-星野英一ゼミ」が紹介されました。学部の発足の年を間違えているのが「玉に瑕」でしょうか。
  • (03.06.12)「アフガニスタン女子教育支援プログラム 情報教育を担当して」(『学報』2003年4月号)が、小さいですが写真付きで国際交流センター事務室のページに紹介されています。
  • (03.04.24)次回4月28日(月)のオフィスアワーの時間帯を変更します。この日の時間帯は、12:00-13:30です。
2002年度
  • (03.03.07)新学期のオフィスアワーは4月21日(月)13:15-14:45から開始予定です。4月20日以前はアフガニスタン出張の予定です。3月中はオフィスアワーはありません。面会希望者は事前に電子メール等でアポイントメントをとってください。
  • (03.03.07)五女子大学コンソーシアム主催のアフガニスタン女子教育支援プロジェクトの一環として、2月17日から3日間の情報教育入門の授業を担当しました。授業のためのページ Introduction to the World of Internet(for Afghan Project)を用意しました。
  • (02.10.23)2003年度の共通科目3年次演習(国際関係論)の希望者のためのアポイントメント予定表を用意しました。希望の日時の他に,以下の2点を書いて電子メールで送ってください。面談(および人数が15名を越した場合の対応)の参考にします。
  • (1)「国際関係論A」「国際関係論B」「比較政治」の履修状況はどうか?
  • (2)卒業論文作成に向けて3年次(そして4年次)演習で学びたいことは何か?
  • (02.10.17) 2003年度の時間割(予定) ができました。
  • (02.10.17)来年度の共通科目の「 3年次演習(国際関係論) 」の宣伝ページができました。説明会は10月23日(水)の昼に開催されますから,共通科目の演習の履修を希望する2年次生は、掲示を見て必ず出席するようにしてください。
  • (02.10.17)講演会のお知らせ五女子大学コンソーシアム主催のアフガニスタン女子教育支援プロジェクト現地視察報告会&講演会が10月25日に開催されます。
  • (02.10.03) 「サービス・ラーニング」の新設に向けて(学内のみ)をアップしました。
  • (02.09.26) Service Learning 関連ページへのリンク集「Door to Service Learning by EH」を作りました。
  • (02.06.27) 講演会「復帰30年の沖縄から」は盛況でした。来て下さった皆さん,どうもありがとう。写真をクリックすると拡大します(撮影:國原)。
    • 真喜志好一氏
    • 会場6115教室
  • (02.06.06) 6月14日12時30分から「国際関係論A」の授業と連動して講演会「復帰30年の沖縄から〜有事法制と基地返還合意の繋がりを読む〜」(講師:真喜志好一氏)を開催します。受講生以外でも興味のある方は6115教室へどうぞ。
  • (02.05.30) 6月4日12時40分から「比較政治」の授業の参考にビデオ『種子をまもれ!-アグリビジネスとたたかうインド農民』を見ます。受講生以外でも興味のある方は6205教室へどうぞ。昼食をとりながらでもOKです。
  • (02.04.23) 5月7日12時30分から「比較政治」の授業の参考にビデオ『もうひとつの戦争-インドの人口政策と女性たち』を見ます。受講生以外でも興味のある方は6205教室へどうぞ。昼食をとりながらでもOKです。
  • (02.04.23) 地域文化学科ホームページの公開を始めました。公式の学部・学科紹介のページからもリンクがあります。
  • (02.04.15)地域文化学科の学科ホームページのサンプル(学内のみ)を作り直しました。果たして,このうち,どのくらいのデータを恒常的に提供できるでしょうか。
  • (02.04.15)「NHKスペシャル・変革の世紀」の第1回「国家を超える市民パワー〜国際政治に挑むNGO〜」が面白かったので紹介します。WEB上には,再放送:4月23日(火)総合 午前0時15分〜0時5分とありましたが,「〜1時5分」の間違いだと思います。
  • (02.04.10)地域文化学科の 年度別ゼミ別卒業論文題目 を作りました。
  • (02.04.10)「2001年度4年次ガイダンス資料」(学内のみ,pdf ファイル,69K)のリンクを復活しました。2002年度の資料の準備ができるまで,こちらを参考にして下さい。
2001年度
  • (02.03.03)2002年度の授業のページがほぼ準備できました。
  • (02.01.31)『ACADEMIC RESOURCE GUIDE』の最新号で「対米同時多発テロ事件をめぐる発信」(その3)が紹介されています。
  • (01.12.06)2002年度の 授業案内(予定) ができました。
  • (01.11.22)『ACADEMIC RESOURCE GUIDE』の最新号で「対米同時多発テロ事件とその後の報復問題、戦争状態に関する研究者個人や学会、研究所等の発信」(その2)が紹介されています。
  • (01.11.22)昨日「Yahoo! JAPAN Surfer Team」から「貴サイト登録のお知らせ」が届きました。このサイトがこれまで以上に多くの人達の目に触れることを考慮して,「発表状況・課題提出状況・出欠表」へのアクセスを制限することにしました。現在は学内のマシンからしか見ることができないように設定していますが,近いうちに,IDとパスワードを使えば学外からでもアクセスできるように変更します。
  • (01.11.08)コミュニケーション学科のまねをして,地域文化学科の年度別卒業論文題目 を作りました。
  • 現在,「年度別ゼミ別卒業論文題目」に引き継いでいます。(02.04.10)
  • (01.11.08) 2002年度の時間割(予定) ができました。
  • (01.11.08)コミュニケーション学科の 東京女子大学オンライン・ドキュメント・センター にリンクを張りました。 今週の学生ホール・昼のメニュー や 学年歴のページ も,ここからつながっています。
  • (01.10.29)共通科目「3年次演習(国際関係論)」のための面談のアポイントメント予定表(学内のみ)ができました。アポイントメントは電子メールでお願いします。希望の日時の他に,以下の3点を書いて送ってください。面談(および人数が15名を越した場合の対応)の参考にします。
  • (1)「国際関係論A」「国際関係論B」「比較政治」の履修状況はどうか?
  • (2)卒業論文作成に向けて3年次(そして4年次)演習で学びたいことは何か?
  • (3)そのために(1)以外にどのような準備をしてきたのか?
  • (01.10.17)来年度の共通科目の「 3年次演習(国際関係論) 」の宣伝ページができました。説明会が下記の通り開催されますから,共通科目の演習の履修を希望する2年次生は必ず出席するように。
  • ◎共通科目 3年次演習説明会
  •  日時 10月24日(水)12:30〜13:10(昼食持参可)
  •  場所 9101
  • (01.10.09)『ACADEMIC RESOURCE GUIDE』の第112号で「対米同時多発テロ事件とその後の報復問題に関する研究者個人や学会、研究機関の発信」が紹介されています。
  • (01.06.11)「国際関係教育におけるアクティブ・ラーニングとケース・メソッド」などをアップしました。
  • (01.04.11)「2001年度4年次ガイダンス資料」(pdf ファイル,69K)をアップしました。
  • (01.04.09) 今週の学生ホール・昼のメニュー にもリンクを張りました。
  • (01.04.09)コミュニケーション学科の竹下さんが作ってくれた 学年歴のページ にリンクを張りました。
2000年度
  • (01.02.27) 私が注文し図書館に到着した図書 のリストを残しておくことにしました。
  • (00.11.30)2001年度の 授業案内(予定) ができました。
  • (00.11.09)2001年度の 時間割(予定) ができました。
  • (00.11.07)2001年度国際関係論3年次演習希望者のための面談は 別表の日時で行なう予定です。面談は1人15分を予定しています。希望の日時を星野に伝えてください。特別の事情があり別表の日時以外に面談を希望する場合は,その旨申し出てください。
  • (00.10.26)共通科目3年次演習説明会が開催されました。面談のアポイントメントを電子メールでとるようにお願いしましたが,その際,以下の3点も記述してください。面談(および人数が20名を越した場合の対応)の参考にします。
  • (1)「国際関係論A」「国際関係論B」「比較政治」の履修状況はどうか?
  • (2)卒業論文作成に向けて3年次(そして4年次)演習で学びたいことは何か?
  • (3)なぜ共通科目3年次演習「国際関係論」を希望するのか?
  • (00.10.17)来年度の共通科目の「 3年次演習(ゼミ) 」の宣伝ページができました。説明会が下記の通り開催されますから,共通科目の演習の履修を希望する2年次生は必ず出席するように。
  • ◎共通科目 3年次演習説明会
  •  日時 10月25日(水)12:30〜13:10(昼食持参可)
  •  場所 9101教室
  • (00.10.12)大学のアドレスに届いたメールの転送について質問を受けました。「 情報処理センター(学内版) 」(学内からしかアクセスできません) の「 メール転送の方法 」にしたがって転送の設定をしてください。また,私からのメールを受け取るのに,大学以外の電子メールアドレスを主として使いたい場合は,その旨知らせてください。私のアドレスブックに変更を加えるようにします。
  • (00.06.29)遅くなりましたが,「 地域研究特講 」のページも準備ができました。
  • (00.06.21)「 国際関係論 」「 比較政治 」と「 大学院・国際関係論 」のページも準備ができました。
  • (00.06.15)他のページもボチボチとやっているのですが,現時点では「 時間割 」「 1年次演習 」「 2年次演習 」「 Doors to WWW 」が使えるようになっています。
  • (00.06.01)もう一つの宿題だった,大学院生のための「研究計画書の書き方」のページの準備ができました。まだ,十分ではない部分もあるので,今後修正を加えていきたいのですが,それまでの間,現在のバージョンを参考にしてもらえると嬉しいです。
  • (00.05.15)やっと、自分のページの準備ができました。まだこのページだけで、リンクなどは完成していませんが、自己紹介代わりに、99年夏欧州旅行のスナップをアップしておきます(重いですから電話回線を利用の方は覚悟して見てください)。3月までは琉球大学でこんなページを公開していました。このページはそれを手直しして再利用しています。
Comments