レポートを1ヶ月で書く

与えられた時間の半分を三等分する。

  • レポートを1ヶ月で書かなくてはならない場合,
    • 5日で文献資料を集め,
    • 5日で資料を読み,
    • 5日で執筆する。
  • レポートを1週間で書かなくてはならない場合,
    • 1日で文献資料を集め,
    • 1日で資料を読み,
    • 1日で執筆する。

[1]文献資料を集める/テーマを絞る

  • テーマがある程度絞られていることが前提。
  • だが、無い物ねだりをしても仕方ない。漠然としたテーマでも、走り始めるしかない。

どこに行くか

  • 新しいテーマ→本屋(できるだけ大きな本屋へ)
  • 古いテーマ→図書館(できるだけ開架式の図書館へ)

本の立ち読み

  • 目次、序文、後書き、解説などに目を通す。
  • 実用書か,入門書か,あるいは専門書かなどを判断する。

本の選び方

  • どうせ全部は読まないかもしれないから厚くてもいい、事典でも選ぶつもりで,必要なことが書いてありそうな本を選ぶ。
  • 良くできた入門書が1冊あると助かる。
  • たとえ反発を感じるものでも,しっかりとした論理構造を持つものが良い。
  • はっきりと自分の立場を明かして,論理的に論じているものが良い。
  • 立ち読み・本選びをしているうちに、これまで何が問題とされてきたのか、自分が必要としている情報が書いてある本はどれか、がわかってくる。これは漠然としているテーマを明確なものにする過程でもある。

資料集めを止める

予定の時間が過ぎたら、それ以上意識的な資料集めはしないようにして、次のステップへ進む。

[2]資料を読む

資料読みと平行して、書籍以外に

  • テーマに関連した雑誌記事や新聞記事を探す。
  • 新しいテーマならインターネットのウェッブページを探す。

資料読みの順序

  • しっかりとした論理構造を持つものから始める。
  • 書籍→雑誌→新聞→ウェッブ→人に聞く

書籍の読み方

  • 書籍も基本的にはノートだ。傍線や書き込み(☆,?,!,BS)を入れながら読む。
  • 図書館の本はコピーをとって「ノート」にするか,ポストイットを使って,同じような作業をする。
  • この本はダメだと思ったら深追いをしない。
  • 知りたいことが手に入ったら読むのをやめても問題ない。

資料読みを止める

予定の時間が過ぎたら、それ以上意識的な資料読みはしないようにして、次のステップへ進む。

[3]執筆する

平均的な書く速度

  • 1日15時間で400字原稿6枚
  • 5日で30

余った時間があったら

  • 疑問の解消に使う。
  • 自分が信頼できる人に読んでチェックしてもらうのが良い。

以上

  • 時間配分をしっかり守れば書き終えることができるはず。
  • 作品の質については、時間と能力と努力の関数となるだろう。
Comments