論文プレゼンテーション・フォーマット(30)

  • フォーマットは全部で30頁のプレゼンテーションになっています。
  • 1頁あたり話すことが250字程度なら、1頁1分、全部で30分の発表になります。
  • 平均して1頁2分ぐらいなので、30枚だと60分になります。少し長いので、15枚のフォーマットを用意しました。
  • フォーマットが自分の論文にうまく当てはまらない場合は、フォーマットの方を修正してもらってかまいません。
  • 星野ゼミ2005年度ゼミ論文
    • ゼミ論のタイトル
    • サブタイトル
    • 氏名
  • 問題の設定
    • あなたがこの論文で答えようとしている中心的な問いは何か?
  • 問題の背景
    • その問題はどのような背景を持っているのか?
  • 研究の意義
    • その問題は,なぜ興味あるものなのか?
    • また,なぜ研究の価値があるのか?
  • 先行研究(理論)
    • その問題に対するこれまでの研究の結果はどのようなものがあるのか?
    • それらの文献の答えは一貫したものなのか?対立する意見が存在するのか?
  • 仮説の提示
    • その問いに対する答え(この論文の主張)はどのようなものか?
  • 用語の定義
    • 定義しておくべき用語にはどのようなものがあるか?
  • 研究方法
    • その問いに対してどのような方法(アプローチ)で答えるのか?
    • どのような理論的な枠組みを利用するのか?
  • 事例の選択
    • どのような事例を取り上げるのか?
  • 資料の選択
    • どのような資料を利用するのか?
  • 先行研究(事例)
    • その事例に関するこれまでの研究にはどのようなものがあるのか?
    • それらはどのような問題を扱ったものなのか?どのような資料を利用しているのか?
  • 章立て
    • 論文の章立てはどうなっているのか?
      • 第1章
      • 第2章
      • 第3章
  • 第1章
    • 第1章で答えようとしている問いは何か?
    • その問いに対する答えはどのようなものか?
  • 事例1-1
    • (略)
  • 事例1-2
    • (略)
  • 事例1-3
    • (略)
  • 第1章のまとめ
    • 第1章で答えようとした問いは何か?
    • その問いに対する答えはどのようなものか?
  • 第2章
    • 第2章で答えようとしている問いは何か?
    • その問いに対する答えはどのようなものか?
  • 事例2-1
    • (略)
  • 事例2-2
    • (略)
  • 事例2-3
    • (略)
  • 第2章のまとめ
    • 第2章で答えようとした問いは何か?
    • その問いに対する答えはどのようなものか?
  • 第3章
    • 第3章で答えようとしている問いは何か?
    • その問いに対する答えはどのようなものか?
  • 事例3-1
    • (略)
  • 事例3-2
    • (略)
  • 事例3-3
    • (略)
  • 第3章のまとめ
    • 第3章で答えようとした問いは何か?
    • その問いに対する答えはどのようなものか?
  • まとめ
    • この論文で答えようとした中心的な問いは何か?
    • その問いに対してどのような答えを出したのか?
  • 反省
    • この論文の限界は何か?
    • 解明出来なかったことは何か?
  • 今後の課題
    • 今後なすべきことは何なのか?
Comments