Tools & Formats

(授業やゼミで役に立つ技術やフォーマット)

目次
  • 01 予習する
  • 02 情報を集める
  • 03 情報を整理して、考えをまとめる
  • 04 発表する
  • 05 討論する(ディベート)
  • 06 論文/レポートを書く
  • 07 研究計画書を書く
  • 08 ゼミ論/卒論を書く
  • 09 おまけ:メールの書き方

01 予習する


教科書の予習の仕方(PQ4R法)

  • 以下の文献から「PQ4R法」(PQ4R)を引用しました。
    • 藤田哲也編著『大学基礎講座』(北大路書房、2002)、56頁。

「テキスト批評」のフォーマット

  • 以下の文献から「テキスト批評」のフォーマット(TextCriticForm)を引用しました。
  • 「テキスト批評」の全体の長さは、対象とするテキストが数ページならA4で2-3枚程度、十数ページなら4-6枚程度を目安にして下さい。
    • 河野哲也『レポート・論文の書き方入門 第3版』(慶応義塾大学出版会、2002)、18頁。

A4レポートの書き方

  • 「A4レポートの書き方」(A4Report)(書き方というよりは注意点ですが)を作成しました。

02 情報を集める


「メモの型」を使って調査項目をチェックする

  • 以下の文献を参考に3WHAT 3W1Hを作成しました。考えをまとめるだけでなく、「何を調査すればいいのか」の指針を与えてくれるので、調査項目のチェックリストのように使うこともできるでしょう。
    • 樋口裕一『ホンモノの思考力』(集英社新書、2003)、77-84頁。

文献リストを作成する

  • テキスト・エディターやワード・プロセッサーを利用する
  • アウトライン・プロセッサを利用する
  • MS Excelを利用する
  • End Noteを利用する

信頼性と鮮度

  • 信頼性 図書>雑誌>新聞>インターネット
  • 鮮度  図書<雑誌<新聞<インターネット
  1. 図書館
    1. 琉球大学図書館
    2. NACSIS Webcat
    3. 国立国会図書館
  2. 書店
    1. 生協オンライン・ショップ
    2. アマゾン amazon.co.jp
    3. 紀伊国屋書店 BookWeb
  3. 雑誌
  4. 新聞
  5. インターネット
    1. ACADEMIC RESOURCE GUIDE
    2. アリアドネ ARIADNE
    3. インターネット情報源(野口悠紀雄)
    4. Doors to WWW by EH

みんなはどこでニュースを見つけて引用しているのか?

  • 新聞社のツイートをフォローする。例えば、琉球新報(@ryukyushimpo)、沖縄タイムス(@theokinawatimes)、NHKニュース(@nhk_news)、東京新聞(@TOKYO_Shimbot)、BBCのワールド・ニュース(@BBCWorld)、アルジャジーラの英語版(@AJEnglish)などいくらでも探せます。
  • Google アラートで気になるトピックをフォローする。Google ニュース(http://news.google.co.jp/)で、例えば「沖縄防衛局長」を検索します。結果の頁の一番下を見ると「「沖縄防衛局長」のメール アラートを作成」と表示されているので、これをクリックして配信先など必要事項を記入すれば、「沖縄防衛局長」を含む最新ニュースがメールで送られてきます。
  • Google リーダーで気になるサイトの最新記事をチェックする。Google リーダー(http://www.google.co.jp/reader/)に気になるサイトやウェブページのRSSフィード(ページのどこかに「RSS」というリンクやアイコンがある場合)やURLを登録しておくと、そのサイトの最新記事をGoogle リーダーで読むことができます。もちろんウェブ上で読んでも良いのですが、iPhoneなら「Byline」というアプリで読むのがお勧め。Twitterとの連携があります。Androidでも同様のアプリがあると思います。
  • iPhoneと言えば、「MSN産経」「WSJ日本版」「AP Mobile」などのニュース専用アプリでニュースを読んでいて気になった記事があるとこれをツイートするのも簡単です。Androidには以前からあったけれど、iPhoneでは4Sになってからの機能だとどこかで読んだ気がします。
  • 他に、ニュースや記事のタイトルをメールで配信してくれるサービスを利用する手もあるでしょう。例えば、New York TimesやWall Street Journal 日本語版は、無料会員登録すると記事のタイトル一覧を毎日メールで送ってくれます。

オンライン統計情報


社会調査

  • 大谷信介他編著『社会調査へのアプローチ』(ミネルヴァ書房、1999)。
  • 佐藤博樹他編『社会調査の公開データー2次分析への招待』(東京大学出版会、2000)。
  • 土田昭司『社会調査のためのデータ分析入門』(有斐閣、1994)。

フィールドワーク

  • 佐藤郁哉『フィールドワークー書を持って街へ出ようー』(新曜社、1992)。
  • 小池和男『聞きとりの作法』(東洋経済新聞社,2000)。
  • 佐藤郁哉『フィールドワークの技法』(新曜社、2002)。

インタビュー


03 情報を整理して、考えをまとめる


調べたことをどうまとめるか?(KJ法、アウトライン・プロセッサー)

  • 以下の文献を参考に「まとめかた:3つの<一覧化>」(FolderCardKJ)を作成しました。
    • 宮内泰介『自分で調べる技術』(岩波アクティブ新書、2004)、136-164 頁。

ブレーンストーミングとKJ法


「メモの型」を使って考えをまとめる

  • 以下の文献を参考に3WHAT 3W1Hを作成しました。
    • 樋口裕一『ホンモノの思考力』(集英社新書、2003)、77-84頁。

「論述の型」を使って考えをまとめる

  • 以下の文献を参考に「論述の型」(ArgumentType)を作成しました。
    • 樋口裕一『ホンモノの思考力』(集英社新書、2003)、88-97頁。

04 発表する


発表にあたっての留意点

  • 構成は、「序論+結論」>「本論」>「結論」のサンドイッチ構成にする。
  • 「読み原稿」を用意するなら、1分で250字を目安に。
  • スライド(Power Point、Keynote)を用意するなら、2分で1枚を目安に。

プレゼンテーションの準備

  • 以下の文献を参考に「プレゼンテーションの準備」(PresenPrep)を作成しました。
    • 学習技術研究会編著『知へのステップ』(くろしお出版、2002)、170-172頁。
  • 人はどうプレゼンテーションを準備しているのか?

レジュメの作成

  • 以下の文献を参考に「レジュメの作成」(ResumeWriting)を作りました。
    • 学習技術研究会編著『知へのステップ』(くろしお出版、2002)、173-179頁。

スライドの作成

  • 以下の文献を参考に「スライドの作成」(SlideMaking)を作りました。
    • 学習技術研究会編著『知へのステップ』(くろしお出版、2002)、183-194頁。
    • 伊藤俊洋監訳『スタディスキルズ』(丸善、2005)、85-103頁。
  • 完成品の例

質疑応答のコツ

  • 質問を最後までよく聞く。
  • メモを取る。
  • 質問を自分の言葉で言い直してから答える。
  • 答えは簡潔にまとめる。
  • わからなければわからないと、知らなければ知らないと、潔く認める。
  • 以下の文献を参考にしました。
    • 伊藤俊洋監訳『スタディスキルズ』(丸善、2005)、98頁。

プレゼンテーションの評価

  • 以下の文献を参考に「プレゼンテーション評価シート」(PresenEvaSheet)を作成しました。
    • 学習技術研究会編著『知へのステップ』(くろしお出版、2002)、巻末資料。

05 討論する(ディベート)


ディベートの作法


ディベートのテーマ


06 論文/レポートを書く

面白い論文の書き方 by 筒井淳也

レポートを1ヶ月で書く

  • 以下の文献を参考に「レポートを1ヶ月で書く」(ReportWriting)を作成しました。
    • 東谷暁『困った時の情報整理』(文春新書、2001)、19-42頁。

レポートの書き方(フォーマット)

  • 「レポートの書き方」(ReportFormat)を作成しました。

論文の作文の仕方

  • 日本語の文章の問題です。特に重要な参考文献を2つあげておきます。
    • 木下是雄『レポートの組み立て方』(ちくま学芸文庫、1994)。特に、4章「レポートの文章」の中のパラグラフについての議論が重要。
    • 本多勝一『日本語の作文技術 新装版』(講談社、2005)。修飾の順序、句読点のうち方、助詞の使い方など、詳細な議論が参考になる。
  • 岡田憲治「やってはいけない10か条」(愛おしき学生に告ぐ:「イイタイコト」の無い文章を書いても意味がありません
    • (1) 常体(である調)と敬体(ですます調)を混ぜてはいけない。
    • (2) 話し言葉を使ってはいけない。
    • (3) 「僕は」「私は」という一人称を頻繁につかってはいけない。
    • (4) 「~だと思う」「~だと感じた」「~と考える」を多用してはいけない。
    • (5)「~ではないだろうか?」という弱腰文を多用してはいけない。
    • (6) 主語(主部)を意識の中で曖昧にしてはいけない。
    • (7) 指示語(「それ」「これ」「その」等)を曖昧にしてはいけない。
    • (8) 長すぎる修飾語を伴う主語を作ってはいけない。
    • (9) 人畜無害で信念の欠片もない「例のあのパターン」を使ってはならない。
    • (10) コピペをしてはいけない。

引用の作法と参考文献の書式

  • 慶応大学 引用について理解する
  • 形式などのこと(Thanks to 阿部先生)
  • 以下の文献を参考に「引用の作法」を作成する予定です。
    • 藤田哲也編著『大学基礎講座』(北大路書房、2002)、119-128頁。

レポート提出前のチェック

  • 以下の文献を参考に「レポート提出前チェックシート」(ReportPreCheck)を作成しました。
    • 学習技術研究会編著『知へのステップ』(くろしお出版、2002)、巻末資料。
    • 『AERA Mook 38 勉強のやり方がわかる』(朝日新聞社、2004)、49頁。

論文採点のチェック項目

  • 「論文チェック項目」(ReportCheck)を作成しました。

07 研究計画書を書く


研究計画書の書き方

  • 大学院生・ゼミ生のための研究計画書の書き方のwebヴァージョンです。
  • 学部生用:高根正昭(1979)『創造の方法学』講談社現代新書。
  • 学部生用:伊藤修一郎(2011)『政策リサーチ入門』東京大学出版会。
  • 大学院生用:キング=コヘイン=ヴァーバ(2004)『社会科学のリサーチ・デザイン―定性的研究における科学的推論』勁草書房。学部の学生には難しいと思いますが、チャレンジしてみる価値は十分にあり。
  • 大学院生用:ブレイディ=コリアー(2008)『社会科学の方法論争ー多様な分析道具と共通の基準』勁草書房。KKVの批判的再検討。

研究計画書の構成

  • 大学院生・ゼミ生のための研究計画書の書き方をアレンジして、「星野ゼミ生のための研究計画書の構成」を用意しました。

仮説について

  • 広島大学の遠矢先生の「仮説」についてへリンクを張っておきます。(リンク切れ)
  • 以下の文献が参考になります。
    • 伊藤修一郎(2011)「第2章 仮説をたてる」『政策リサーチ入門』東京大学出版会。

研究計画書採点のチェック項目

  • 「研究計画書チェック項目」(ProspectusCheck)を作成しました。

08 ゼミ論/卒論を書く


研究論文とは何か


ゼミ論/卒論ができるまで


ゼミ論/卒論の構成


ゼミ論/卒論の執筆に関する注意事項

  • 「執筆の基本ルール」『論文の書き方マニュアル』136-137頁
  • 「序論」の書き方『論文の書き方マニュアル』137-138頁
  • 「注の書き方」『論文の書き方マニュアル』154-156頁
  • 「結びの書き方」『論文の書き方マニュアル』156-158頁

引用の作法と参考文献の書式

  • 以下の文献を参考に「引用の作法」を作成する予定です。
    • 藤田哲也編著『大学基礎講座』(北大路書房、2002)、119-128頁。

ゼミ論/卒論採点のチェック項目


ゼミ論/卒論の講評ページ


ゼミ論/卒論のプレゼンテーション(要領)

  • 上記の「プレゼンテーションの準備」(PresenPrep)、「スライドの作成」(SlideMaking)も参考にしてください。
  • 構成は、「序論+結論」>「本論」>「結論」のサンドイッチ構成にする。
  • 「読み原稿」を用意するなら、1分で250字を目安に。
  • スライド(Power Point、Keynote)を用意するなら、2分で1枚を目安に。

ゼミ論/卒論のプレゼンテーション(フォーマット)



09 おまけ:メールの書き方


大学教員にメールを書く

サブページ (28): すべて表示
Comments