現代アジア論(共通)2014

What's New

  • 01/30 「第14回資料.pdf」「第15回資料.pdf」をアップしました。
  • 01/30 A4 レポート課題15(提出日02月06日)最近のインドに関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第13章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 01/23 A4 レポート課題14(提出日01月30日)最近のASEANに関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第12章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 01/09 A4 レポート課題13(提出日01月23日)最近のベトナムに関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第11章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 01/09 「第12回資料.pdf」「第13回資料.pdf」をアップしました。
  • 12/26 A4 レポート課題12(提出日01月09日)最近のタイに関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第10章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 12/19 A4 レポート課題11(提出日12月26日)最近のマレーシアに関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第9章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 12/19 「第11回資料.pdf」をアップしました。
  • 12/12 A4 レポート課題10(提出日12月19日)最近のフィリピンに関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第8章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 12/12 「第10回資料.pdf」をアップしました。
  • 12/05 A4 レポート課題9(提出日12月12日)最近のインドネシアに関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第7章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 12/05 「第9回資料.pdf」をアップしました。
  • 11/28 A4 レポート課題8(提出日12月05日)最近の台湾に関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第6章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 11/28 遅ればせながら、「第7回資料.pdf」をアップしました。
  • 11/27 「第8回資料.pdf」をアップしました。
  • 11/27 スケジュールを変更しました。教科書の順番通りに進めることにします。注意してください。
  • 11/21 A4 レポート課題7(提出日11月28日)最近の中国に関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第5章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 11/14 「第6回資料.pdf」をアップしました。
  • 11/14 A4 レポート課題6(提出日11月21日)最近の韓国に関する新聞記事に言及して、その記事を、教科書の第4章に書かれている事実や議論と結びつけて、説明または解釈しなさい。
  • 11/07 A4 レポート課題5(提出日11月14日)最近のアジアにおける地域主義の動向に関する新聞記事に言及して、そうした動向を(1)ネオ・リアリズム、(2)ネオ・リベラリズム、あるいは(3)コンストラクティビズムの観点から、説明しなさい。
  • 11/07 「第5回資料.pdf」をアップしました。
  • 10/24 A4 レポート課題4(提出日11月07日)現代の日本の民主主義について、(1)政治文化、(2)担い手、(3)制度のいずれかの観点から考察し、その確かさあるいは危うさについて論じなさい。
  • 10/24 「第4回_資料.pdf」をアップしました。
  • 10/17 A4 レポート課題3(提出日10月24日)身の回りのグローバル化:グローバル化は自分の身の回りで、沖縄で、日本で、どのような形でメリット/デメリットとしてあらわれているか、新聞記事を参照して、具体的に述べなさい。また、それがグローバル化によるものであることを、わかりやすく説明しなさい。
  • 10/17 「第3回_資料.pdf」をアップしました。
  • 10/16 琉球大学生協から入荷案内が届きました。『アジアの政治・経済経済入門』は来週の月曜日入荷予定だそうです。
  • 10/14 「第2章.pdf」をアップしました。
  • 10/10 A4レポート課題2:アジアの国(地方)について、知りたいこと・わからないことを列挙する。(番号を付けて箇条書きにする。5W1H、どれでも。単純な問いでも、複雑な問いでも。)締切:10/17 授業開始時。
  • 10/10 「第2回_資料.pdf」をアップしました。このページの下を見てください。
  • 10/07 「第1章.pdf」をアップしました。このページの下からダウンロードできます。
  • 10/03 「序章.pdf」および「第1回_資料.pdf」をアップしました。このページの下を見てください。
  • 10/03 第1回の授業の配布物は、「PQ4R法」と「WebClassの入り口」です。「A4レポートの書き方」(A4Report)も見てください。
  • 10/02 A4レポート課題1:以下の(1)or(2)のどちらかを選んでください。(1)行ったことのあるアジアの国。日本と比べて、沖縄と比べて、どのようなところか。(2)行ってみたいアジアの国。なぜ行きたいのか、行って何をしたいのか。締切:10/10 授業開始時。
  • 10/01 シラバス入力完了。

Schedule

  • 10/03 01 イントロダクション
  • 10/10 02「アジアの政治経済理解の魅力」(映像の世紀6独立の旗の下に)73分
  • 10/17 03「工業化とグローバル化」(ありあまるごちそう)96分
  • 10/24 04「政治体制の変動」(オフサイド・ガールズ)92分
  • 11/07 05「アジアをめぐる国際関係」(イン・ディス・ワールド)138分
  • 11/14 06「韓国」(光州5・18)121分
  • 11/21 07「中国」(初恋の来た道)89分
  • 11/28 08「台湾」(悲情城市)159分
  • 12/05 09「インドネシア」(パラダイス・ナウ)90分
  • 12/12 10「フィリピン」(恋するトマト)126分
  • 12/19 11「マレーシア」(キリング・フィールド)136分
  • 12/26 12「タイ」(闇の子供たち)137分
  • 01/09 13「ベトナム」(季節の中で)108分
  • 01/23 14「ASEAN」(それでも生きる子供たちへ)124分
  • 01/30 15「インド」(スラムドッグ・ミリオネア)120分

Syllabus

  • 科目番号:総63
  • 履修年度:2014年後期
  • 開設学部等
  • 期間:前期
  • 曜日時限:金曜日、5時限、共2-201
  • 単位数: 2
  • 担当教員:星野 英一
  • 講義コード
  • 授業内容と方法
    • 21世紀は「アジアの世紀」とよく言われている。戦後、世界に比類の無い経済の成長地域として日本、アジアNIES、東南アジア、そして中国の目覚しい発展と国際社会への影響力は世界に注目され続けてきたからである。かつて西洋植民主義詐取の対象であったり、日本の侵略を受けたりした他のアジア地域は、戦後から如何に民族の独立やイデオロギーをめぐる苦い戦争を経て、国家建設と経済発展の道を歩んできたのか。また、アジア地域の経済発展は如何なる社会的変容や文化的創造をもたらしてきたのか。本講義は、政治、経済、社会、文化の視点から、戦後アジアの発展と変容の光と影を検証する。授業は講義形式で、補助教材として多くのAV資料を使用する。
  • 達成目標
    • (1)現代アジアの諸問題について、多角的な視点から考え、自分の考えを論述できること。 [社会性][地域・国際性][自律性][コミュニケーション・スキル] 
    • (2)現代アジアの諸問題について、日頃から関心を持ち、クラスメイトと共有できること。 [社会性][地域・国際性][コミュニケーション・スキル] 
    • *[ ]内は本授業が対応するURGCC学習教育目標
  • 評価基準と評価方法
    • (1)A4レポートの評価。レポートのテーマは毎回の授業の最後に知らせると同時に授業のホームページ(下記URL参照)に記載する。各レポート5点満点。(75%) 
    • (2)授業の中での意見発表&他の人の意見に対するコメント発表。(25%)
  • 履修条件:特になし。
  • 授業計画
    • 01 イントロダクション
    • 02「アジアの政治経済理解の魅力」
    • 03「工業化とグローバル化」
    • 04「政治体制の変動」
    • 05「アジアをめぐる国際関係」
    • 06「韓国」
    • 07「中国」
    • 08「台湾」
    • 09「フィリピン」
    • 10「タイ」
    • 11「ベトナム」
    • 12「インド」
    • 13「インドネシア」
    • 14「マレーシア」
    • 15「ASEAN」
  • 事前・事後学習
    • 授業計画に記載されたテキストの部分について、質問に答えられるよう予習してくること。
    • A4レポート執筆のための教室外での学習については、言うまでもない。
  • 教科書
    • 片山裕・大西裕編『アジアの政治経済・入門』有斐閣 
  • 参考書
    • その他,授業の中で随時紹介していく。 
  • 備考(メッセージ) 
    • 授業開始後半、6限に食い込んで映像資料をたくさん見る予定です。食事・飲み物を持参して奮って参加してください。
  • オフィスアワー:法文214、月曜日16:20-17:50
  • メールアドレス:hoshinoe(アット)ll.u-ryukyu.ac.jp
  • URLhttp://www.psir.ll.u-ryukyu.ac.jp/home/faculty/hoshino/asia2014
Links
  • 「A4レポートの書き方」(A4Report)(書き方というよりは注意点ですが)
  • 教科書の予習のために(PQ4R
  • 論述の型」(ArgumentType)を使って意見を述べる
Ċ
序章.pdf
(6912k)
星野英一,
2014/10/03 1:49
Ċ
星野英一,
2014/12/11 9:09
Ċ
星野英一,
2014/12/19 3:23
Ċ
星野英一,
2015/01/08 20:05
Ċ
星野英一,
2015/01/08 20:05
Ċ
星野英一,
2015/01/30 4:08
Ċ
星野英一,
2015/01/30 4:09
Ċ
星野英一,
2014/10/03 5:51
Ċ
星野英一,
2014/10/07 0:27
Ċ
星野英一,
2014/10/09 23:53
Ċ
星野英一,
2014/10/14 1:54
Ċ
星野英一,
2014/10/16 9:51
Ċ
星野英一,
2014/10/24 8:10
Ċ
星野英一,
2014/11/06 21:41
Ċ
星野英一,
2014/11/13 10:10
Ċ
星野英一,
2014/11/27 22:49
Ċ
星野英一,
2014/11/27 4:04
Ċ
星野英一,
2014/12/05 2:36
Comments